Daily Archives: 2015年8月23日

  • -

時期によって違う!賃貸物件の探し方のポイント

12月から3月までは賃貸契約は早い方が良い

賃貸物件の市場は特に12月から3月が大変にぎわう時期です。理由としては、やはり入学や卒業、就職などの時期と重なるためと考えられます。入学や就職は大抵の場合、12月から3月くらいまでには決まっていることが多いので、12月から3月の間に物件を検討する人が多くなります。ですから、この時期に賃貸物件を探すのであれば、あまりたくさんの物件を見てゆっくりと決めている余裕はあまりありませんから、自分がいいなと思う物件があれば、なるべく早めに契約をした方が良いでしょう。そうでないと、すぐに他の入居者が決まってしまう恐れがあります。

4月から7月までの時期は賃貸市場も落ち着いてくる

賃貸市場で一番のにぎわいとなるのは12月から3月の時期ですが、それ以降は徐々に落ち着きを取り戻していきます。ですから、ある程度ゆっくりと賃貸物件をきめることができるようになります。ただし、選べる物件があまり多くないというのがこの時期の特徴ですから、あまり自分が気に入る物件にめぐり合うことができないかもしれません。中には、掘り出し物の物件もありますから、時間に余裕があれば、じっくりと物件を探したい時期です。

7月から1月はお得な物件が見つかる可能性が高い

7月以降になると引っ越しをする人も少なくなり、不動産業者も閑散とした雰囲気となります。しかし、賃貸物件を探している人にとっては、逆に有利になる場合があります。たとえば、この時期に空室がかなりある賃貸物件の場合は、何としても入居者を確保しようとするので、家賃などが安くしたり、礼金が不要になったりといったことがあります。ですから、もしかしたら掘り出し物件を見つけることが可能な時期であるということがいえるでしょう。

札幌の賃貸マンションは、賃貸なので部屋を借りる形式となります。ですので、引っ越したいときに引っ越すことができます。


  • -

初めての同棲生活!賃貸で気を付けるべきポイントとは

インターネットに潜む落とし穴

最近ですと、賃貸物件を探す時に、わざわざ足を使って不動産会社を巡るというのはあまりしないですよね。不動産会社のホームページを見たり、物件情報が沢山載っているページを見て、気になる物件を探すという人は多いのではないでしょうか。ですが、どれだけ情報量が沢山あるとしても、必ず一度は2人で、実際のお部屋を見に行くようにしましょう。そうしませんと、実際に見たら、意見が異なったりする可能性があるからです。初めての同棲生活であれば、慎重に物件を探すようにしましょう。

同棲と結婚の違い、不動産会社の目は厳しいかも

また、良いお部屋を見つけたとしても、実際に契約をするまでに、きちんと信頼を得ておかなくては、不動産会社の人に警戒心を持たれてしまう可能性があります。その理由は、結婚ではなく同棲という点です。残念ではありますが、同棲では、不動産会社の人に、もしかしたら別れるかもしれないという不安要素を与えてしまう可能性があるのです。ですので、結婚を前提に同棲をしますといった、不動産会社の人を安心させるような言葉を用意しておくと良いでしょう。

契約をスムーズに進めよう

とはいえ、今や同棲カップルでも気軽に賃貸物件を探すことが出来る時代になりました。ですので、そこまで不安を感じる必要はありません。ですが、万が一契約がスムーズにいかなくなった時の事を考えて、保証人をお互いに立てておくと安心でしょう。また、中には半年分の家賃を先に払う事で、契約できるケースもありますので、事前に不動産会社に確認しておくと安心ですよ。初めての同棲生活を、気持ち良くスタートさせるためにも、出来る事はしっかりと行いましょう。

賃貸とはオーナーから部屋を借りることです。入居申込みをして審査が通れば契約ができ入居することができます。


  • -

新築住宅を手に入れる2つのメリットとは?

新築住宅を手に入れる2つの代表的なメリットとは?

賃貸アパート暮らしを卒業して新築住宅を手に入れるのが夢だという人は多いと思います。賃貸アパート暮らしを卒業するには、中古住宅を手に入れるという選択肢もありますが、できたら新築の方がいいと感じる人が多い理由はいろいろあるでしょうが、代表的な理由は二つ挙げられるかもしれません。一つは、最初の使用者になれるという気分の問題、もう一つは、新築であればキッチンやお風呂や環境対策、そして省エネやセキュリティーの設備も最新のものを導入できるということでしょう。

新築住宅は最初の使用者になれる

一つ目の新築住宅は最初の使用者の気分が味わえるという点は、感覚の問題ではありますが、人によってはかなり重要な要素と言えるかもしれません。しかし、前に使った人がある中古住宅は、例えクリーニングがしてあっても、どうしても前の人が使った匂いや雰囲気がどうしても残るという実務的な問題もあります。前の人がどのように使っていたかをまったく感じることのない新築物件は、快適に暮らすことができる大きなメリットとなるかもしれません。

最新の設備で暮らすことができる

中古住宅を購入しても、自分で最新のセキュリティー設備を導入したり、キッチンやバスルームをリフォームすることはできます。しかし、手に入れた後でそういったことをするのは、資金負担を考えるとなかなかやろうという気が起きないかもしれません。その点、新築住宅であれば、追加投資をすることなく最初から最新設備の住宅で暮らすことができるでしょう。結果的に、電気代の節約等のメリットを最大限に享受しながら快適な生活が送れるメリットがあるはずです。

草加市で新築一戸建てに暮らせば賃貸とは違って自分の家となるので、家の塗装やリフォームなどを好きに行うことが可能になってきます。